「いるか」の都市伝説は本当だったか?


手が空いた時に電子カルテなどの作業をおこなっている。

ところで、私は、2010年頃までの OpenDolphin に関しては評価していたし、それはこのブログでもはっきり言及している。
コミッターの一人、和歌山の内科医増田茂氏は、アマチュアにしてはよく頑張っているなあという印象を持っていた。

が、最近の


といったツィートを見る限り、増田茂氏は github (というソースコードのファイルを置いておくためのサイト)に関して何もわかってないようだ。

私が見たところ、HorliX (という医療画像を閲覧するためのソフト)は、ライブラリの一部は開発環境の癖もあって、全てが開示されているわけではないが、メインのソースは公開されている。

自分で github を使って開発していたら、わかりそうなもんなのだが。


どうも、この人に限らず、この人がらみの人脈は、ソフト開発の実際がまるでわかってないらしく、ラドワークスさんという OsiriX の取り扱い業者もおかしなツィートをしていた。
この業界では、よしきちさんというそれなりに名の通った編集者/ライターの方がいらっしゃるのだが、「コーディングスキルはない」と誹謗中傷とも取れる発言をしていた。
確かに、編集よりの方だから、コーディングスキルはそれほどではないかもしれないが、少なくとも彼が本家 HorliX プロジェクトに送った日本語化に関するプルリクエストは非の打ち所がないくらい正当なものだった。
残念ながら、マージをされなかったようだが、手続き的に見れば(= github の使い方から見れば)、まるで問題なく、初学者にしては、立派なものだったと感心した記憶がある。
少なくとも批判だけはして、オープンソースソフトに関してなんの貢献もしていない人間が言っていいセリフではない。


周囲の関心を集めていた頃の Dolphin は、素人であってもプロであってもこのプロジェクトに自由に関与できて、このソフトをよくしていこうという熱意があったように思う。
いつの頃からか、関与できる者が限定され始めた。そして、その関与者も果たして本当の関与者なのか疑問に思う人だらけになってしまった。
この点に関しては残念でならない。


(追記)

これも何かを勘違いしている。HorliX と Horos はかなり違ったものになってきている。どこかで詳しく書くかもしれないが、HorliX が世界で売れた理由は Horos には無いものがあったからだ。


そもそも GPL を適用すること自体が、けっこう無理筋なプロジェクトなように思うが、さて、どうか。

 http://www.seagaia.org/sg2004/manuscript/minagawa.html

 http://archive.is/OOum3



人気の投稿